三原市公式SNS一覧

閉じる

定住者 Interview

【本町連合町内会】三原市本町で、ぜひ一緒にエンジョイライフを!!

  • 本町連合町内会さん

  • 地域の暮らしを伝える移住定住ローカルプロモーション動画配信中!

    >>本町連合町内会の紹介動画はこちらから<<

  • どんな地区か教えて!

    ・本町地区は、三原市の中心市街地、JR三原駅の西口に隣接し、三原城址歴史公園より西に延びる本町通りを中心に広がる地区です。
    ・本町通りは、旧西国街道で、歴史的建築物や寺社が数多く存在し、南北には参道、小路が巡り、城下町の町割りを継承するなど、歴史的な環境が息づく地区です。
    ・昭和前期は市内を代表する商店街・繁華街として賑わいをみせました。三原やっさ祭りの文化を今に伝える原動力ともなっています。
    ・この歴史、文化の風情ある街なみを未来に継承すべく、西国街道・本町地区街なみ環境整備事業が始動しようとしています。
    ・JR三原駅及び西・南口バス乗り場に隣接し広島空港リムジンバスも発着しています。三原港にも近く三原バイパス恵下谷ランプ、山陽自動車道三原久井ICも近く交通の便は最適な立地です。
    ・近隣は保育園、幼小中学校、学習塾、社会福祉施設、児童施設・図書館、文化施設等公共施設、銀行、病院、スーパー、飲食店、小売店などが生活圏内にそろっています。
    ・地区の周辺は、南は海、北は山と自然環境に恵まれています。車で少し足をのばせば、自然公園・森林公園が多数あります。三原港から島しょ部へマリンレジャー、山河でのキャンプ、ゴルフ場、温泉、各観光地へ、趣味の場へ、立地条件は最適です。
    ・昭和初期は市を代表する商店街・繁華街でしたが、三原駅南口周辺の開発に伴い、病院・銀行・企業の移転・店舗閉店が続き空き家・空き店舗の増加がみられます。
    ・交通利便から土地利用は頻繁です。しかし、駐車場が増加し、街なみの衰退につながっています。
    ・人口減少、高齢化、危険倒壊空き家など問題も抱えています。
    ・こうした状況において、西国街道・本町地区まちづくり協議会を設立し広島県・三原市及び各種協力団体と共に「住みよさ実感・まちのにぎわい・未来につづくまち」を目指し、本町地区・街なみ環境整備事業が始動しようとしています。

  • 生活情報を教えて!

    ・学校・子育て施設等
     けいこうこども園(本町地区)
     さんさんみなと保育園(港町)
     愛光園保育所(館町)
     三原小学校(館町)
     三原市立第二中学校(中之町)
     広島大学附属三原(幼稚園・小学校・中学校)(館町)
     子供サロン「どれみ園」(こども園)
    ・買い物等
    ※本町地区は商店街姿を残し、飲食、喫茶、生活など店舗・会社が点在しています。
     フレスタ(西町店・三原駅前店)
     セブンイレブン・ローソン(コンビニ)(三原駅構内)
     イオン三原店(大型スーパー)
    ・病院
    ※本町地区は中心市街地に近く、病院・福祉施設が点在しています。
     総合病院「興生病院」「日本赤十字病院」「三原城町病院」
    ・文化・スポーツ施設
     本町縁側サロン「いろは」
     キオラスクエア・図書館
     サンシープラザ
     三原市役所
     リージョンプラザ・武道館
     中央公民館
     芸術文化センターポポロ
    ・公共交通機関
     JR三原駅(新幹線・在来線)
     三原駅前バス乗り場
     三原港
     広島空港(三原リムジンバス)
    ・その他
     三原バイパス恵下谷ランプ
     山陽自動車道・三原久井IC 

  • 主な活動を教えて!

    ・三原城址歴史公園等の公園整備、大島神社連立鳥居など整備が進み、西国街道、寺社、小路のある街なみ景観と共に歴史文化を未来につなげています。
    ・「城下町散策マップ」「アゼリアガイドマップ」「みはら寺社めぐりマップ」散策マップ多数、散策コース多数あります。観光ボランティアガイドによる散策まちめぐりも開催されています。
    ・本町地区では、三原神明市・本町半どん夜市・おひなまつりなど季節の祭りが開催されています。
    ・夏の風物詩・三原やっさ祭りには、毎年、本町連合町内会として参加しています。
    ・本町縁側サロン「いろは」では、地域コミュニティーとして各種教室、イベントが開かれています。
    ・西国街道・本町地区まちづくり協議会(以下協議会と称す)イベント部会によって新たに「夏祭り」や「健康体操」など開催も検討されています。協議会では他にも歴史あるまちなみの保存、観光活用、空家・古民家の活用、商店街の活用、住みやすい街づくりなど、進めています。
    ・三原市と共に西国街道・本町地区街なみ整備事業として、まちなみ景観保全・街路整備・歩行環境(散策ルート)整備・公園整備などの計画を進める準備・話し合いを行っています。

  • 地区にはどんな課題があるの?

    ・本町地区の人口は平成22年1,552人から令和2年1,265人に人口減少しています。
    ・高齢化率(65歳以上)44%、子供(若年世代)の減少率は高い水準にあり高齢化が進行しています。
    ・昭和前期は市を代表する商店街・繁華街でしたが三原駅南口周辺の開発に伴い、病院・銀行・企業の移転・店舗閉鎖が続き空き家、空き店舗の増加がみられます。同様に地区世帯数の減少、核家族化の進行に伴う世帯人員の減少(高齢者一人世帯)もみられます。
    ・JR三原駅に隣接し交通利便性から空き地の駐車場化が急増しています。
    ・本町通り周辺は平地で土地活用はありますが、北側は斜面地が広がり、道路事情もわるく、車の進入ができない場所があります。空き家の解体、利用に問題があります。
    ・地区内では、広島県魅力あるまちなみづくり支援事業の指定に伴い、空き家バンク・ランドバンク事業・空き家相談会など西国街道・本町地区まちづくり協議会(以下協議会と称す)空き家対策部会を中心に県・市と共同で移住促進活動を行っています。しかし、土地所有者への制度の周知と移住希望者の情報発信が課題となっています。
    【地区の移住促進に関する取組状況】
    ・協議会空き家対策部会を中心に空き家の実施調査を行っています。西国街道・本町地区街なみ環境整備事業に伴い、整備区域内のまちづくり協定締結に向け土地・建物所有者の個別調査と利用状況を確認しています。
    ・県の広島型ランドバンク事業
    ・市の空き家バンク登録・空き家のガイド利用
    ・協議会空き家対策部会の本町地区空き家セミナー相談会
    など、移住促進に取り組んでいます。

  • 地区の支援者から移住を検討している方へ

    浮城望む瀬戸のまほろば西国街道・三原本町地区
    ~住みよさ実感・街のにぎわい・未来につづくまち~
    まもなく、「街なみ整備事業」がスタートします。
    皆様とつくる三原市本町地区で、ぜひ一緒にエンジョイライフを!!

    昔は市内随一の繁華街で現在も名残をのこし、JR三原駅に隣接し交通の便も申し分ない土地柄です。店舗兼住宅、事務所兼住宅として暮らしと仕事の両立を頂ける場所として本町地区はおすすめです。

  • 地区広報・便り

    名  称:本町まちづくり協議会だより
    発行頻度:2~3回/年
    >>Instagram 西国街道本町地区まちづくり協議会<<